生き抜き方

キャッシュフロークワドラントのすべてのカテゴリーに属す~VUCA時代の生き抜き方~

先の読めない時代に生きる私たちが、これからの人生を幸せに生きるために大事な考え方をご紹介します

動画でもご覧になれます

キャッシュフロークワドラント

今回お伝えするのは「キャッシュフロークワドラント」

こちらは有名な「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキさんの2冊目の本

キャッシュフロークワドラント

の中で紹介されていた考え方で、

人は4つのタイプに分けることができる

即ち

E:従業員

S:個人事業主

B:ビジネスオーナー

I:投資家

に分けることができます

左側にあるE(従業員)とS(個人事業主)

右側にあるB(ビジネスオーナー)とI(投資家)

には明確な違いがあり、EとSでは経済的自立が難しいと言われる所以もここにあります。

それは、

EとSでは自分が働くことの対価により報酬を得ていることです。

BとSでは自分ではなく他の人やモノ、サービス、お金が働いてくれることで報酬を得ることができます。

EとSでは自分が動かないといけないので、疲弊もしますし、収入にも限度があります。

それとは対照的にBとIでは自分が働かなくとも報酬を得ることができます。

だから、皆さま右側にあるBとIを目指しましょう。

という話の本なんですが、

私はここで少し違った解釈をしています。

今の時代は一つのカテゴリーに属すのではなく、複数のカテゴリーに属すことが望ましい。

もっと言うと、

すべてのカテゴリーに属していることが良いと思っています。

なぜか?

先の見えない時代だからであり、幸せに生きるためでもあります。