Uncategorized

現物取引 (げんぶつとりひき)

現物取引(げんぶつとりひき)とは、決済時に現物と現金の取引が行われる取引のこと。

現物取引では無い例として、一部の差金決済のデリバティブ取引があり、現物が出てくることなく、差金だけで決済される。株式の信用取引も、差金取引で決済が完了すると、現物が出てくることなく取引が完了する。しかし、デリバティブ取引でも、先物取引や先渡取引で、現物受け渡しで現物決済する場合は現物取引となる。例えば、石油先物取引では決済日に現物の石油を受け渡す取引もある。

現物取引は、各種市場で実物の取引を指すが、一般に株式市場での株式の取引、商品市場での商品の取引を指す。普通のスーパーマーケットでの買い物は全て現物取引となる。

株式市場では、先物取引や信用取引などと区別するため、普通の株式取引を現物取引とわざわざ言うことがある。

*Wikipediaより*

差金決済・・・差金決済とは、受渡日に買付代金、または売却有価証券の提供を行わずに、反対売買の差金により決済すること

デリバティブ取引 ・・・通貨、金利、債券、株式などの原資産と呼ばれる金融商品から派生した取引で、原資産の価格に依存して理論価格が決定される金融派生商品の取引

信用取引 ・・・信用取引とは、金融用語の一つで、株取引において、現金や金融商品を委託保証金と呼ばれる担保として差し入れて、証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のこと。

先物取引 ・・・先物取引とは、デリバティブ取引の一つで、価格や数値が変動する各種有価証券・商品・指数等について、未来の売買についてある価格・量での取引を事前に決める取引のうち、最終取引日や取引量の単位が定型化され市場で扱われているもの

先渡取引 ・・・先渡取引とは、ある商品や指標を特定の数量、将来のある時点で予め定められた価格に基づいて、売買する契約のことである。 … 買戻しや転売の際には、その時点での先物価格で行なうのが原則である。 先渡取引は、店頭取引による現物決済が基本であり、実際に商品の受け渡しが行なわれるので、その商品の代金分の資本が必要となる。