Uncategorized

日経平均株価とは

日経平均株価は、日本の株式市場の代表的な株価指数の一つ。単に日経平均や日経225とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される。

日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われていた。

Wikipediaより

* 東証株価指数 (TOPIX) :東証株価指数とは、東京証券取引所第一部上場株式銘柄を対象として、同取引所が1秒毎に、算出・公表している株価指数である。日経平均株価と共に日本株のベンチマークとして普及している。

概要

日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を、日本経済新聞社が選定し算出する。

東京証券取引所が第二次世界大戦敗戦後再開した1949年5月16日時点での採用銘柄の単純平均株価176円21銭からスタートしたダウ式平均株価であったが、2005年6月7日に算出方法が大きく変わり、現在はダウ式平均株価ではない。

現在、東京証券取引所第一部に上場する約2,000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。

東京証券取引所が開いており株式の取引できる、平日の午前9時から午前11時30分(前場)と、午後0時30分から午後3時まで(後場)の時間帯で定義される。日本の株式市場の開いている平日の毎日更新される(年末年始期間の12月31日から1月3日を除く)。5秒毎(2017年以降)に算出し公表する。銘柄は業種のバランスなども考慮しながら、定期的に見直される。株式分割などの際も連続性を保つようにしている。

日経平均を使用した金融商品は、株価指数先物(日経225先物取引、日経225オプション取引ほか)など、世界中で多数発売されている。

また、日経平均株価を東証株価指数で割った値を「NT倍率」という。

* ダウ式平均株価 :ニューヨークのダウ・ジョーンズ社が毎日発表しているニューヨーク株式市場の平均株価。 工業株 30種,鉄道株 20種,公共株 15種およびこれらの総合 65種の4種類がある。 その特徴は,増資新株の権利落ちや,その他の人為的要因による株価変動を修正し,平均株価に株価動向の指標としての長期的連続性をもたせることにある。